売電とは

売電(ばいでん)とはその名前の通り電気を売ることを指します。通常家庭で使う電気は各電力会社から購入する形になっていますが、太陽光発電を導入している住宅の場合は、自宅において電気を発電します。昼間の電気使用量が発電量を下回った場合は、その差を電力会社に販売することができます。このしくみを売電と呼びます。

売電と買電

・売電とは
売電は家庭で作った電気を電力会社に販売することを指します。太陽光発電システムで発電した電気は貯めておくことができません。そのため、発電した電気量が消費する電気量よりも大きいときは発電した電気の余った部分を各電力会社に買い取ってもらうことができます。

・買電とは
買電とは、電力会社から必要な電力を購入することを指します。太陽光発電など発電システムを導入していないご家庭の場合は基本的に、買電のみしか利用していません。

 

売電についての新しいとりくみ

2009年11月より太陽光発電の売電に関する新たな買取制度がスタートしています。従来は1kWhあたり24円程度の買取額だったのがなんと48円/kWhと2倍の売電価格で売却できるようになりました。
これによって太陽光発電システムによる経済的なメリットが大幅に向上しました。

ちなみに、この買取価格はフィードインタリフ(固定価格買取制度)といって、10年間は保証されます。たとえば、今年2009年に売電を開始した場合、それから10年間はかならず48円/kWhで売却できるという制度です。
ただし、この買取価格については毎年見直しが行われることになっています。つまり、来年度以後の売電価格は変わる可能性があるということです。

2010年度:48円/kWhの買取価格(売電価格)が維持されました。
2011年度:現時点では未定です

 

太陽光発電についてもっと詳しく知りたいという方へ
太陽光発電システムの導入や導入を検討している時の注意点などを知りたいという方は「太陽光発電比較 太陽光発電システムの賢い選び方」がお勧めです。長所や短所、業者選びのコツなども説明されています。

 

電力会社の一括比較サイト。新電力が多数登場する中で自分にお得な電力会社を探しましょう。

 

家庭でできる省エネ対策
省エネの基礎知識
省エネお役立ちグッズ紹介
電気代の省エネ
ガス代の省エネ


省エネガイド 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集 リンクについて